結婚指輪はいつ渡すのがいい?

結婚式をする場合は指輪交換のタイミングで

結婚式をするカップルの場合、一般的に式の最中の指輪の交換で初めてお互いの指に指輪を通すようになっています。
それまでは婚約指輪を身につけている場合がほとんどなので、結婚式を終えてからようやく結婚指輪に変えるカップルが多いようです。また婚約指輪と重ねて身につけるカップルも少なくないので、結婚式をするのであればその時に相手に渡すようになります。そのため結婚式をするのであればそれまでに結婚指輪を購入しておく必要がありますし、購入後は結婚式までは男性側が保管して式の当日に会場まで持ってきたりウエディングプランナーに預けていると言う人が多いとされています。
ほかにも入籍してからしばらく後に結婚式をするというカップルの場合は、入籍のタイミングで手渡す場合もあるようです。

結婚式をしない場合は購入時や入籍のタイミングで

また最近では結婚式を挙げないカップルも増えてきているのですが、その場合は指輪交換以外のタイミングで結婚指輪を渡すようになっています。カップルによっては何かしらのイベントや食事会、結婚報告の際に渡すこともあるようですが、それ以外のタイミングとしては「指輪を購入した時」や「入籍した時」などが多いとされています。
特に多いのが入籍したタイミングで、結婚式をしない場合は入籍してから初めて夫婦としてスタートすると考えている人も多いため結婚指輪を渡すタイミングとしても妥当だと言えます。
それ以外のタイミングとしては少数の意見ではあるものの、「プロポーズの時に婚約指輪の代わりに渡す」という考え方もあるようです。

© Copyright Women's Rings. All Rights Reserved.